おまとめローンの審査は通常のカードローン審査に比べて厳しいのはどうして?

おまとめローンの審査は他のキャッシングやカードローンよりも厳しい審査があります。それはおまとめローンの特徴を考えれば分かることです。

そもそもおまとめローンを申し込む人は多重債務者です。それに複数の借金をまとめる金融商品がおまとめローンでありますから、金額が多くなることも想定されます。

おまとめローンを提供する金融機関から見れば多重債務者に多額の融資をするのですから、おまとめローンは金融機関にとってリスクの高い商品となります。このように考えれば、金融機関はおまとめローンの審査に厳しくせざると得ないという結論になります。

おまとめローンは借入金額よりも借入件数をみられるのはどうして?

おまとめローンを契約する際、審査時に借入金額よりも借入件数をみられるのことが非常に多くあります。

この点については、多重債務問題が大きく影響しており、少額の借り入れでありながら多数の貸金業者から借り入れを行っている際におまとめローンの提供元は債務超過を警戒することに繋がっています。

つまり、『借り入れ件数が多い=返済が苦しい(または自転車操業状態)』と判断することになります。おまとめローンをするにあたり、1社あたりの融資金額が高い点については返済能力や与信情報に問題無いと判断出来ます。

結果として、おまとめローンによる返済先の一本化で毎月の返済金額を最小限に留め、長期返済が行われないことを重視します。返済の長期化は、融資する側にとって利息収益が期待できるものの、債務整理といった方法に直結することとなります。

そのため、借入額よりも借入件数を重視して審査することで、債務整理によるリスクを回避しています。

他社借り入れ金額は審査時におまとめローン審査時に全て把握されてるのはどうして?

おまとめローンを契約する際、他社借入金額を審査時に全て把握されてしまうのは、個人信用情報機関の登録情報が照会に利用されているためです。

そもそも一番注意する必要があるのは、銀行のおまとめローンであり保証会社が審査を行っていることです。銀行の場合、全国銀行個人信用情報センターへ照会ができ、保証会社は株式会社シー・アイ・シーや日本信用情報機構の情報を照会することが出来ます。

つまり、日本国内にある全ての個人信用情報機関に照会が行われるため、他社借り入れまで把握されてしまいます。そもそも、個人信用情報機関では情報照会や契約者の取引履歴まで照会することができ、借入金額についても簡単に調べることが出来ます。

これは、借入する側にとってデメリットと思われますが、債務超過による危険性を事前に把握し、被害拡大の防止に繋がります。

おまとめローン審査時に必要になる書類は?

おまとめローンの審査に必要な書類は、運転免許証などの本人確認書類と源泉徴収票・確定申告書類・給与明細書などの収入証明書類です。

運転免許証がない場合は、写真付きのものが理想とされるので、パスポートを用意しておくとよいです。ただし、本人確認書類の住所などの記載事項が変わっている場合には、それを証明するための書類が必要となります。また、収入証明書類は、最新発行分のものが必要です。

さらに、他の会社で借り入れがある場合には、他社借入条件等の書類が必要になる場合があります。

PAGETOP
Copyright © おまとめローン審査の心得 All Rights Reserved.